CIEL THERAPY 
 シ エ ル セ ラ ピ ー ウ ェ ブ サ イ ト  

DIARY

1.17
今日はサンローランという少し古いドキュメンタリー映画を見たよ。彼の死後に作られた。
クリスチャンディオール亡き後、ブランド「ディオール」の後継者デザイナーとして抜擢され、その後自身のブランドを作られて。 そして現在へと繋がるのだけれど、その人生のほとんどは苦悩で、長い間ドラッグとアルコール依存症だったと知ったよ。
一大ブランドを築き上げたり、素晴らしい才能、華やかな世界であろうと、人生の「見えない裏側」には影があるものなのかもしれないな。と思って見てた。
どんなに素晴らしい人でも、どんなに有名で、どんなにお金持ちであろうと、苦悩はある(けっして人には見せないものとして)。 そう思うと、励まされるというか、どんな人にだって頑張っていたり、現実逃避する時間や期間、心に抱えたものがあるんだとわかると、「自分一人じゃない」とも思えるし、また、 先にそうやって励んで、そして楽園へと旅立っていった人がいるんだと思うと、私も「自分にできることを」と更にまた、思えたドキュメンタリーでした。
そしてまた、彼がもしも戦争に出て、第一線で戦っていたとしたら、こんなにも素晴らしいムーブメント(女性がトレンチコートを着る、など)は起こらなかったし、 第一、その才能や努力が陽の目を見ることなく、戦死なさっていたかもしれない。と思うと、「振り返れば、なるようになっていた」なんだなぁと人生についてまた思いました。
あと、少し違和感があったのでウェブサイトのTOPページから、自分らしくない文章を消したよ(*^-^*)
それは、人に言わずに。自分がわかっていればそれでいい。と昔と同様思い直したから。


1.15
auのCMで流れてる曲、いいね。
浦島太郎や金太郎や桃太郎が出てるやつ☆
ずっと講座で言ってきたことと同じだ(*^-^*)


1.14
土曜日と日曜日は大雪みたい!
みんな気をつけよ(*^-^*)☆

めずらしいよね、大阪でも雪って。
関東に住んでいたのがもう4年前なんだな〜って懐かしくなってたよ。
お引っ越ししてすぐ吹雪&積雪でお外に出られなくて。 お引っ越ししたてだから食べ物何も持ってなくて、すっごい困ってたからとてもよく覚えてる(笑)
ガスコンロも後日設置で、しばらく外食しようと思っていたから、誰もお外に出られない積雪になるなんて思ってもみなくて。
さすがに2日過ぎて「もう無理だっ」と、大変な中カップラーメン系を買いだめしに行きました(笑)
また大雪に見舞われたら困る〜!って(^−^)
それがお正月前後。
もう4年どころか20年くらい前のように古くて色あせた、昔の出来事のよう。
あの頃の私には夢があって、でも叶わなくて。足も動かなくなって、久しぶりに一時大阪に戻って、 ついでにで(?)セッションを天王寺で生徒さんたくさんにさせていただいて、もう本当、東西南北 いろんなところに住んでいる生徒さんがみんな天王寺に来てくださって、みんなの笑顔にまた会えて。
戻るとは思ってなかった大阪だけれど。電車の中がみんな吉本新喜劇かのようにぺちゃくちゃ騒がしくて、 東京の山手線の、あのラッシュ時でもシーンとした静けさが大好きだから、大阪の電車のほうがずっとずっと 乗ってる人の数は少ないのに、ウォークマンでヒーリングミュージックやクラシック聴いてないと、 知らない人の個人情報わんさかわんさか聞こえるから、探偵になれそうって思うくらい、にぎやかで 「あぁ、大阪だなぁ!」って、笑っちゃったけど。
みんなに会える大阪が大好きだなって、心の底から笑った日。
みんなが幸せになろうとしてる姿。懸命な気持ち。ひたむきさ。
感じられる喜びは、神さまが与えてくださった愛なんだなぁって今でも思い出すたびに、目がうるうるしてきます(*^-^*)
夢にチャレンジしたけれど、今は夢が叶わなかったことに心から感謝してる(^−^)
あの頃抱いた夢は、叶っていたら自分を幸せにはしていなかったと心底わかるから。
あの頃の自分ではわからなかった。とにかく、「逃げたかった」。
幸せはいつでもそこに、今ここにあるのに、「叶えるもの」と、どこか遠くにあるようで、まるでマラソン選手のように 私は走って取りに行かなきゃいけないものと思うようになってた。
夢を叶えたら幸せになれると思っていたから、どうして叶わなかったのと死ぬほど泣いたりもした。
情けなくも思った。
だけど、その夢は、本当は夢でも幸せでもなかった。そのことを、それからの日々が教えてくれた。
もちろん。もしも夢が叶っていても、それなりには幸せだったんだろうと思う。けれどいつも、消えない「あるもの」を 心の中で抱えたまま、生きることになって苦しんでいた一生を送ることになったのだと思う。
「あること」これこそが、私にとって、本当の幸せだったから。
その頃の私にはまだ理解できない、「本当の幸せ」だったけれど。いろんなことがわかるようになったと 思っていたけれど、わかるようになればなるほど、わかるようになることも増えていく。中学生よりも 高校生がわかっていて、高校生よりも大学生のほうがわかっていて、大学生よりも社会人のほうがわかっている… そんな「段階」があるように。私は私という人生の中で、「中学生」から「高校生」になれたのだろうなと今ならわかる。
きっとあの頃は、中学生なりに夢を抱いて、一生懸命だった。一生懸命だったから、高校生になれて、そして 「自分にとっての本当の幸せ」がわかるようになれたのだろうと思う。
神はそれをわかっているから、一生懸命奮闘する私を見守り、手助けしてくれたのだろうなと思う。
もしも「Honest(誠実)」な心で、幸せになろうとしていなかったのなら(自分に向き合っていなかったのなら)、 「夢を叶えた私」が今ここにいるのだろうとわかるから。
実は本当はそっちのほうが幸せじゃない。ずっと泣きながら、後悔しながら、悔やみながら、自分を責めて生きることになる道だから。
「夢を叶えた」は、一見いいことのように思えるけれど、時と場合によっては「叶わなかった」のほうが結果、幸せなこともあるってことなんだと思う。
なぜなら動機が「逃げ」だったから。
逃げてることだと気づかずに「夢」だと思って、願った自分。
それくらい、自分がにじんで見えなくなるくらい、涙でいっぱいだったから。
だから神は助けてくれたのだとわかる(*^-^*)「叶わなかった」後の日々を暮らすことで理解できることがあることに気付かせてくれることを。
何だって「夢は叶う」が耳触りがいい。聞き心地がいい。立派に思えるし、すごいな〜と思える。
けれども。夢が叶ったら一生たどりつけない「本当の幸せ」がある場合、「叶わない」という方法を使って、神や天使は幸せをサポート、 手助けしてくれるんだと思う。本当の笑顔で生きていけるために。
最初は叶わないどころか、足まで動かなくなった自分、大阪に戻った自分を「なんで?」と嘆いた。
でも、今なら本当に心の底から「ありがとう!!」と感謝できる。もしも、今の私が当時の私なら。
この経験をとおして、私が学んだのは「私の人生、うまくいくように出来てる」。
一見不幸に思えること、困ったり辛くなりそうなことでも、その「本当の意味・中身」は、幸せへと導くサポートなんだって。
ただ自分がわかれないだけ。理解できないだけ。中学生が高校生になるように、もうちょっと頭(学力)が必要なだけって。
頭や学力はたとえだけど(^−^)
神も天使も、人間の幸せや笑顔が本当に大好きで、そのために惜しみなくサポートしてくれているから、 理解力が足りなくてただ人間が「おいこら天使、なんで叶えてくれへんねんっ」と勝手にネガティブに捉えてるだけって(笑)
だけど。きっと、本当の夢でなくても、全力で夢(=自分自身)に向き合うからこその、サポートって。 なんにも自分のためにしてあげることもなく、棚からぼた餅を待ってるだけじゃあ、そんなサポートもやってこないし受けられない。
一生懸命泣いて、いっぱい笑って、たくさんありがとうって言って、たくさん悩んだ人にだけ「はい、どうぞ(^−^)」ってやって来る 愛の恩恵。
それが、神や天使のサポートなんだなって、すごくよくわかった(^−^)
一生懸命やってるかどうかは、自分がよく知ってる☆毎日天使のカード使って相談してみたり。
そうやって、「悩みを抱えている自分」を放置してあげない、愛の気持ちをまずは自分に与えてあげられているかどうかって。
「ううん。全然天使に聞いてない。悩んで人にグチってばっかでかれこれ3ヶ月。」とかじゃあ、自分が可哀想。
やっぱり愛は、愛に応えるのだと思う。
天使や神に相談することは、天使や神を知った私たちに出来る「最初の一歩」。
なんの?
愛の(^−^)
そういうことなんだと思う☆

天王寺で生徒のみんなに会えた時。生徒のみんなの、嬉しそうなお顔を見た時。
ほんとは泣きたかった。
お仕事は1人でもシエルセラピストさんがいてくださってたので「私がやめても、後の人たちがきっと 代々次の人(新しく天使や神を知っていく人たち)に伝えてくださる」って安心してたけど。
心のどこかで、みんなも、何もかもを捨てて、私は私の幸せのために生きてくことは「いけないこと」なのかな…と 思いながら、その「いけないこと」をしている自分。という感覚を持ちながら、「それでも人間として、 人間として生まれた身として、幸せになりたい」と、前だけを見て生きようと日々過ごしてた4年前。
そんな罪悪感さえ「いらないよ」と、感じる必要のないかたちで。つまりこの大阪で、またみんなに会える環境で 私はまた人の幸せも願いながら、同時に同じくらい自分の幸せも願って生きられる幸せな毎日に恵まれながら 生きられるようになったこと、本当に心の底から感謝ばかりで、神にももちろんありがとう☆と思っています(^−^)
自分で自分を褒める時に、私は「人の幸せも自分のことのように願ったり喜べたりすること、幸せだね」って思います。
「いいな♪」と思ったりすることはもちろんある(*^-^*) けれど、ねたみとかじゃあなく、「素敵だな!」とか 「よぉーしっ、私も(^−^)」と思ったりする感覚のほうが近い。「いいな」には。
夢を叶える人、笑顔になっていく人、楽々になっていく人を「生徒さん」という身近な人たちを通して 「すごい!素敵っ♪ 私も〜〜♪♪」って、夢を生徒さん達から逆に与えてもらってる(^−^)
そんな幸せは、関東の、大雪の日の中にも、ぎゅうぎゅう詰めの山手線のラッシュアワーにも、どこにも存在しませんでした(*^-^*)
みんなね、最終的には「幸せ」になるようになってるの。
そう、実感をともなって、より一層思えるようになって言えること、誇りに思う。「夢が叶わなかった」自分のお陰。
中学生から高校生になれた自分のお陰(^−^)
天使や神のお陰。
毎日神とお話をして、たわいもないことから夢を叶える相談まで、それで神のメッセージを自分の人生にどう役立てられるか検証して、
そして反映させ続けてきたから、「幸せにしかならない(幸せにしかなれない)」という意味の 「私の人生、うまくいくように出来てる」にたどり着けた私。になれたんだなぁと思います(*^-^*)
一日一日の積み重ねがそこへとたどり着かせてくれたこと。それは自分から自分への愛でもあるし、だからこそ助けてくれた神のサポートでもあると思う。
きっと頭のいい人は、生きてく中でそんなことに気付きながら日々成長していくのだろうけれど、私の場合は 遠回りに思えるようなこの生きかたや速度が「自分にとってBEST」なんだろうなぁって思う!
だから人にはそれぞれ最適な速度や成長する段階、ステップがあるんだろうね(^−^)
そんなことを思いました。
とっても幸せ。毎日、幸せ。(^−^)
今年も生徒ちゃんにいっぱい会いたいなぁ〜☆
「人の幸せは私の幸せ」(&私の幸せは私の幸せ)だから(*^-^*)
…ジャイアンみたい?(笑)(^−^)


2017.1.6
あけましておめでとうございます(*^-^*)
本年もみんな素敵な笑顔でお過ごしになられ、一日一日が輝いていますように心から願っています…☆
(^−^)
そして震災にあわれた方々が一日でも早く安堵の中で生活できますよう、心より願っています。
いつも。どこにいても。
ありがとうございます。
be honest,
さやか


2016.12.25
メリークリスマス☆☆☆
☆(*^-^*)☆
今日も生徒ちゃんに会えて幸せだったよ☆
別の生徒ちゃんからも、郵送でクリスマスプレゼントもらったんだ〜☆☆☆
みんな「あったかグッズ」をくださる☆
すっごい嬉しくて、なんか見てるだけで「じーん。」って幸せ。
まだ着てもないのに、もう心はぽかぽかだよ(*^-^*)
ありがとう。

今日感動した神からのメッセージを紹介するね(*^-^*)
「不安にさせてるのは潜在意識」

こうなったらどうしよう。とか、焦りとか、恐怖感、恐れ、孤独や孤立感…
そういった、「自分にとって嬉しくない感情や感覚、考え」って、全部、自分の中の潜在意識が思わせている(感じさせている)ことなんだって。
さやかも、落ち込んだり、泣いたりすることはまだまだしょっちゅう。
元々泣き虫だからね(*^-^*)
けど、それって全部「自分の中の潜在意識」が、自分にそう思わせてるだけなんだって。落ち込ませたりしてるんだって。
そうすることで、「動きを止めよう」としているって。
動きというのは、幸せになろう。とか、夢を叶えよう。とか、お金持ちになりたい☆☆(きらりーん☆)とか。
そういう、自分にとって嬉しくて、幸せで、楽しくて、「そんな毎日や人生で暮らしていきたい」と思える方向になっていくことのこと。
やっぱり、自然と「こうなりたいな☆」と漠然であろうと思ったりすると、私たちってそうなれるように動いちゃうみたい。
それを、阻止しようとするんだって。
それが、恐れとか不安を自分の中で湧き起こさせて、あるいは、もうどうしようもなく「無理だー!」とか、そういった状況や状態を作り出して、全力で阻止しているらしい。
ずっと「今のまま」でいさせるために。
「今のまま」というのは、いい意味でも悪い意味でもなく、ただ本当に「今」のまま。
だから、叶えたい夢を持っている人にとったら「まだ叶っていない今の私」のまんまで、人生ずーーーっといさせようとしてるんだって。
とにかく「今のまま」。何も変わらず、動かず、ずっとこのまま。
そのために、動きそうな人にはたくさん不安や恐れや「お金無いよぅ…しくしく」「どうしたらいいの!!」という辛さや困った状況を起こしたり、思わせたり、感じさせたりしてるんだって。
潜在意識が。

それを聞いてね、「困ったちゃんだね!」と思ったよ。さやか(笑)
「ありゃ。さやかはよく潜在意識からぐわんぐわん落ち込ませられたり、泣かせられてるわっ」って。
そして、全部「潜在意識」が勝手に、さやかが動かないよう、今のまんまで何も変わらないように「仕向けてた」ことだったんだな。泣いたり落ち込んだりしてしまうことも。と、わかったよ。
どう考えても、現実が切羽詰まったようだったり、どうにもならないようにしか思えないのに、ほんとはそれ、実は、ただ大げさに潜在意識がさやかをそう思わせているだけで 実際は全然「事実」じゃないんだ〜。って。
わかって、すごく「目からウロコ」だった(*^-^*)
毎日笑って過ごしてる自分になりたい。けれど、そんなさやかにならないように、潜在意識が「あれやこれや」さやかが動揺ぜったいするよね!という内容でぐらぐら圧迫かけてくる。
そうやって、「毎日笑って過ごす私」を、最終的には諦めさせようと潜在意識が仕向けてる。
それが、不安や恐れや焦りや落ち込んだり困ったりすることなんだって、わかったから、「なんかムダに泣かされてたかも。」なぁーんて、聞いて、思ったよ(笑)

潜在意識ってスゴイよね。絶対自分がぐらつく「ポイント」知ってる。知ってて、そこピンポイント集中で徹底的に攻めてくる。(笑)
まるで「ツボ押しマッサージ」みたい。そんな気持ちのいいものでは全然ないけど(*^-^*)笑
まぁ、自分の潜在意識だから、「さやかには、ここを重点的に攻めれば諦める」ポイント知ってて当たり前なんだけどね(笑)
そのドツボにハマっている私には、まさか「そう潜在意識に思い込まされている」ともわからずに、「どうしよ、どうしよ、どうしたらいいんだ〜!」と切羽詰まって泣かされてるんだ。と思ったら なんかちょっとムカって来るような(笑)

だから「不安」とかじゃあなくって、「こうなりたい」という方向をそれでも何が起こっても持ち続けることが大事って、神のメッセージを聞いて、結局思ったよ(*^-^*)
潜在意識に、どんなに恐怖や不安であおられても、現実が本当にどうしようもないようにしか思えなくても、「こうなりたい!」という意志を捨てずに持ってたい!と思えたよ☆
持ってたら、自然と人間はそっちの方向に行くからこそ、潜在意識はそれを阻止するために頑張ってるんだもの。 その頑張りは、「こうなりたい」という夢を諦めて捨てさせるためにしていることで、私がその夢や理想を捨てたら本当に潜在意識の思うツボだもん。
思うツボ。ということは、「こうなりたいな」と思った、そもそものきっかけがある「今」のまんまで生きてくということ。
「私はやっぱりダメなんだ。」とか「死にたい。」とかたくさん思ったり自分を責めて生きてきた、生きてる状況・環境も全然嬉しくない状態の自分のまんまで生きるということだから。
「ほらね。結局、ダメだったじゃない。」
何度もずっと、子供の頃から自分の心の中で繰り返してた言葉。
泣くたびに思って、思うたびに泣いて。
どれだけ自分がダメな人間かを証明し続けてきたような、生きかた。
いろんなことがうまくいかなくて、人が出来ることもさやかには無理だったり出来なかったり、諦めなきゃいけなくなったり。
いつもいつも、自分を心の中で責めて責めて、悲しませて、更に辛いことも困ることもどうしようもなく恐ろしくなることも起こったりして「ほら。生きてるから、こんな目に合うんじゃない。さやか。」って 早く自分が死んじゃうこと、まるで応援してるかのように自分でも自分を苦しめてた。いつもいつも。長い年月。ずっと。
そこから変わりたくて。居場所がほしくて。「さやかでも生きててもいいよ」って、何かに言ってもらえるような気がするからって。だめだめな私でもって。
だから今でも潜在意識は、私のそんな「痛いところ」をよ〜くご存知で、責めてくる(*^-^*)
それがなんだか今日とってもわかったから、過去の自分も、小さかった頃の私にも「大丈夫だよ、生きてていいんだよ。生きてたからいいこと、いっぱいになったよ。 生きててくれたから、幸せになれたよ(*^-^*)」って、ありがとうを伝えたいな。
「こうなりたい」を叶えていくことは、いつの時代の自分にもありがとうを言うこと、伝えることだって思ってる。
いっぱい責めたり泣いてきた分、もっともっとありがとうを伝えられるような人間になりたい(*^-^*)
自分にはもちろん、人にも。なんにでも。
でも、まずは自分。かな(*^-^*) いっぱい責めちゃって可哀想なこと、散々し続けちゃったから〜☆
けどそれも全部、「今のまんまでいて」と潜在意識に振り回されちゃってたこと。
もう今度から、泣いても「あぁそうだ、この辛いとしか思えない現実は、実は潜在意識が勝手に思い込ませてるだけのことで、本当はこのまま夢へと前進してれば泣かなくてOKになる人生が待ってるんだ!☆☆☆」と 思い出せるなぁ☆って、嬉しくなった(*^-^*)
そしたら、きっとその時のさやかは「うん!いい方向へ進んでるからこそ、潜在意識が阻止してくるんだ☆」と理解できて、より頑張ろ〜☆夢へGO〜☆って力にしちゃうんだろうな!って思えたよ(*^-^*)
潜在意識はいいも悪いもない「スーパーコンピューター」だから、潜在意識の中に書き込まれてるプログラム通りに実行し続けてるだけ。
そのプログラム通りにならない方向へ、さやかが生き始めたら「ピッコーン!ピッコーン!緊急指令、さやかを阻止せよ」って、感情や現実に起こる出来事で元に戻そうとしてくるだけ。
そもそもそのプログラムを書き込んだのは、いつかの過去の私。
3歳とか、お母さんのお腹の中とか、もう全然覚えていないような頃も含めた過去の。
だから、今の大人のさやかにはまったく合ってないプログラム。「にこにこぷん」という赤ちゃん向けTV番組を見て喜んでたような頃のさやかが書き込んだプログラムだったなら、喜ぶポイントも違って当然よね。
お花のぬいぐるみに「顔」が付いてるのが可愛くて、でもお顔は可愛いのに声がおばさんで(笑)、そのお花ちゃん達が合唱してるのが何だか可愛いのにおばちゃんコーラスで、 「うーん(複雑な気分)」と思いながらもつい見ちゃってた(笑) そんな頃のさやかが書き込んだ一生モノのプログラムだから、それ、一生発動されてても困る(笑)
その時その時を生きるさやかが「幸せ☆」「嬉しいな」と思えるような生きかたがしたい(*^-^*)
おばあちゃんになった時には、おばあちゃんになった時の。幸せな。
だから、プログラムはいつも「よりよい方向」に変化するものであっていい☆
柔軟性のない、融通の利かないプログラム通りに実行し続けてるスーパーコンピューターに、新しく「それはもうよくって、今度からこっちでお願いね☆」と教え込ませるように、 さやかは書き込まれたプログラム通りに生きなくても安全だよ☆大丈夫なんだよ☆ってわかってもらえるよう、どんどんよりよい方向へと動いていきたいな(*^-^*)
きっとそれが「諦めない」ってこと。
今日もいいこと聞いた☆ 幸せだなぁ〜(*^-^*)☆


2016.12.24
17日は「練習会」でした(*^-^*)
この日は「ぱんつ」で大盛り上がりでした!(笑)
練習されていらっしゃる様子を神と一緒に透視しながら拝見していたのですが、神から生徒さんのぱんつを見せられ(笑)
「いやーん、●●ちゃんのぱんつ、見ちゃった!!」と笑いながら嫌がってました(笑)(*^-^*)
いえ、別に… 神は必要なことしか透視で見せないので、ぱんつも「必要なこと」で、内容は大真面目だったのですが…

「ぱんつ」って!!!
(笑)

もう、お腹を抱えて笑ってました(*^-^*) お腹ちぎれそうだった〜!
本当に楽しい練習会でした☆☆☆
感謝〜☆(*^-^*)


2016.12.23
もう1つ、お知らせ☆(*^-^*)
シエルセラピーのセッションですが、一般のかたへは当分お休みさせていただくことにしました。
お弟子さん達はよくご存知なのですが、さやかはとても体が弱いです☆(*^-^*)
20歳までが本当に長くて「40年以上あった」と思うくらい、たくさん頑張ったり、つらい想いをしたりして、体がボロボロになったのだと思います。
それと、遺伝的に虚弱体質と〜☆
体が弱いということで、「プロのくせに」とたくさん非難を受け、以来「本当の自分を見せる」ということが怖くなりました。
プロは風邪1つ引いてはいけない。というのが、この人間の一般常識、スピリチュアルをしていく世界なんだな…と、「人間界」の勉強になりました。

神や天使という「愛」が大好きなだけ。
神の愛をお渡しできることが、嬉しいだけ。
それで「お仕事」にしちゃいけない世界…
体が弱い人間が…
それが、人間界での一般常識なんだ…

もちろんいっぱい泣きました(*^-^*)
「資格」のない、私。
自分をたくさん責めました。
お仕事を始めて、もうすぐ10年。その間、風当たりの強さを感じました。
体が弱い人間はだめで、健康な人しかしてはいけない。そんな世界なんだと。

今いるお弟子さん達は皆、さっきも書いた通り、さやかが元々から体が弱い人間だということを知っていて、それでもなお一緒に笑ったり、泣いたりしながら勉強し続けています。
偏見のない目で接してくれています。
それは「心の目」という偏見のない目。
一緒にいる時間に感じる「さやか」という人間を、選んでくれているのがお弟子さん達。
さやかの肩書きでも、「近所だから」という理由でもなく(近所の人が一人もいません。笑)。
「この人がいい。」これで選んでくださいました。

そのことに、いつも、心から感謝しています。

もし、健康な体も足も持っていて、両親がいて、家があって、虐待もなく、被害者になることもなく、笑って生きてきた20歳までの年月があったなら…
「今のさやか」はどこにも存在していないと思います。
神と出会う人生も、誰一人として出会ってきたかたとの出会いがある人生も、絶対にない。
いつも恵まれていて、いつも豊かで、悩みはビールを飲んで騒げばそれでストレス発散!解決!
きっとそんな人生を生きているから(*^-^*)

「体が弱いプロです。」
言うことは怖いです。「本当の自分」だから。
本当の自分を伝えて、見せて、それで散々嫌な目にあったこと、多々。だから。

だけど、恐れることをやめました(*^-^*)
私は私。だから。

「批判」や「嫌な想い」をさせることができるのは、そもそもまず、その人のことをよく知らないから。
もしも愛する人が「体が弱い」「更にボロボロになっちゃってね」と言ったら、さやかなら「よく頑張ってるね!」「よく頑張ったね!」と思います。
きっとそう思えず、批判や嫌な想いをさせた人達は、きっと他人がどれくらい頑張っているかがわからないだけ。
ほとんどの人は、健康です。
さやかと同じ人生は歩んできていません。
だから、想像できないだけ(*^-^*)

ブログも、時々、とんでもなく悪意のある、けれども名前も住所も明かさないずるずるな人がわざわざケチつけに来たりします(笑)
そんな時は思います。「どう読んだらそう思えたんだろう?」
きっとそういう人は「赤ずきん」の物語を読んだら「赤い頭巾なんかかぶってるからオオカミに襲われるんだよ」と思うのだろうと思います。
「竹取物語」を読んで「お年寄り夫婦に子育てさせるな!」と思うのだろうと思います。
それくらい、言ってる内容が意味不明(笑)
だって、そのストーリーが「言いたいこと」「伝えようとしている内容」は、そんなことじゃあないから。
けれど、勉強になります。
「人間はいろんな考えかたや感じかたがあるなぁ」と(*^-^*)

さやかの体が弱いことを知って離れていった人たちと同じです。
だからもう、怖くない。
ある意味、ケチつけられるだけ元気なんです(*^-^*) 元気はいいこと♪

隠さず、「体が弱い人間です。」と大々的に披露することにしました(するな、するな♪ )☆

「シエルセラピー」は当分、生徒さん達へのサポートのみさせていただきます☆
お弟子さん達がシエルセラピーのセッションをしてくださっているので、師匠は安心して体を休められます☆
有難いことです(*^-^*)☆
その代わり、天使からのメッセージをメールでお届けすることにしました。
久しぶりですね☆(*^-^*)

体が弱くて、あまり人前には出たがらない、のんびりゆっくりが嬉しい、のほほんさやか。
神に出会って、みんなに出会いました。
その感謝を、これからも返していけたらいいな☆


2016.12.23
日記のページを、この「DIARY」に変更しました☆
アメブロの時は、もうパソコンからログインしても、どこに「ブログ記事を書く」というボタンがあるのかわからないほど 広告に囲まれ困り、ブログを移転したのですが…
移転したブログも、今度はブログ記事を後から修正すると自動的にすごい行間が入ったブログになったり、携帯電話からメールで 記事を投稿しても、どこにも表示されずに消えていたり…などがあって多々「日記を書くことが大変だなぁ」という状態になっていました。
それでも続けてはいたのですが、とうとう。
ウェブサイトの1ページとして「DIARY」作成しました(*^-^*)
どうぞよろしくお願いします☆





トップ
シエルセラピー
天使からのメッセージ
講座
認定シエルセラピスト
プロフィール
アクセス
お申し込み
課題図書
シエルオイル
DIARY